uminosyasin1

鎌倉市の特徴

歴史と自然を堪能できる街

湘南の街で歴史を感じさせる所といえば鎌倉が有名です。
鎌倉幕府が開かれるずっと前の古代から生活していた人も多かったそうで、縄文土器や弥生土器が発掘されているのも有名です。
近くに海があって安全に暮らせる高台がある土地柄が魅力的だったのだと推測できます。

この場所に鎌倉幕府が開かれたのは地形が好条件だったからだと言われています。
元々交通の要所であったことや山に囲まれていることから敵からの攻撃にも強いと考えられたからです。
しかし、鎌倉幕府が滅びて室町幕府が誕生してからは鎌倉の人気は急速に衰えて農業と漁業を営む人たちがひっそりと暮らすような場所だったそうです。
その後、江戸時代になってから観光スポットとして人気が再燃してから現在に至っています。

参考:http://allabout.co.jp/gm/gc/31324/

四季の変化を楽しめる

鎌倉市の特徴といえば、四季の変化を色濃く感じられる街という印象があります。
様々な行事を通じて鎌倉の魅力を思い切り楽しむことができますし、緑がとても豊かであることから自然を身近に感じることもできます。

都心に比べて過ごしやすいと感じることができる夏は、都心の気温と比較してみると快適さがわかります。
東京では8月の平均気温が29度の場合、鎌倉では27度なのでかなり違うことがわかります。
夏でも快適に過ごせるのは緑が多いおかげだと言われており、明治期には避暑地として最適だとされ別荘を建てる人がたくさんいたそうです。

また、海が近くにあるのでマリンスポーツを楽しめるのも大きな魅力です。
近くに住んでいる人は朝早く起きて海でマリンスポーツを楽しんでから出勤するという方も存在しているほど、海が近くにある生活を堪能している人も多いようです。
マリンスポーツ以外にも夏の風物詩である花火大会や屋台村を楽しむ人が多いです。

食の宝庫!

鎌倉は海と山の自然に囲まれていることから、食材の宝庫という特徴もあります。
鎌倉駅の近くには農協の直売所が存在しており、地元の農家さんが丹精込めて育てた新鮮な野菜が所狭しと並べられています。
地元の方だけでなく、観光客もやって来てお買い物を楽しんでいるそうです。
また、地元の漁協も直売所で新鮮な魚介類を販売しており、多くの買い物客で賑わっています。

海と山の幸を活かした美味しい料理も楽しむこともできます。
観光客も多く訪れることもあって飲食店の種類も豊富で、どのお店でも素晴らしい料理を楽しむことができます。
鎌倉に住んでいる人たちはグルメの人が多いとも言われていますが、素晴らしい食材とその食材を活かした料理を提供してくれるお店が存在しているという環境があるためだと考えられます。

環境にやさしい街

たくさんの人が訪れる観光地でもあることから、景観の維持には十分配慮している特徴もあります。
ゴミのリサイクル率が全国平均と比べるとダントツトップで、風情のある町並みを楽しめます。