hk192_72a

鎌倉の「長谷寺」の見どころ紹介

歴史のあるお寺として有名

歴史を感じさせる観光スポットが多い鎌倉の中でも特に古い歴史があると言われているのが長谷寺です。
歴史が古いお寺なのは確かなことですが、詳しい創建時期についてははっきりしていません。
そんな鎌倉の長谷寺の見どころをご紹介します。

参考:http://www.hasedera.jp/

鎌倉の西方極楽浄土

四季によって異なる花木による彩りを感じさせてくれることから、観光客が多く訪れています。
観音山の裾野には下境内が広がっており、中腹からは上境内が存在して境内地が二つに分かれているという特徴があります。
下境内には二つの池が存在しており、その回りを散策しながら美しい光景を楽しめるようになっている回遊式庭園が大きな特徴です。
一年中美しい花木が咲き誇ることから、鎌倉の西方極楽浄土と呼ばれるのも納得できるほどの美しさです。

上境内には観音堂や見晴台などが存在しており、鎌倉でも有名な景勝地の一つとして知られています。
眺望散策路の周辺にはたくさんの紫陽花が群生していることから、見頃を迎える梅雨の季節になると多くの人が訪れて咲き誇る美しい紫陽花と鎌倉の町並みを楽しんでいます。

観音ミュージアム

長谷寺宝物館が開館35周年を迎えたことを記念して、老朽化した設備を改修して誕生した博物館です。
鎌倉長谷寺が歩んできた長い歴史を感じさせる様々な什宝類をはじめとした様々な宝物を展示しています。

観音菩薩像を展示しているだけでなく、観音菩薩の教えをわかりやすく伝えることを目的にしているのが大きな特徴といえます。
全国各地には鎌倉長谷寺と同様に観音霊場とされる場所が多く存在していますが、それぞれで特徴のある観音菩薩の教えが存在しています。
観音菩薩に関する研究が進められ、それぞれが情報共有できることで観音信仰が今後も発展することが大きな目標とされています。

展示されている収蔵品には歴史的にも貴重なものが存在しています。
6面の懸仏は鎌倉時代の末から室町時代のものだと推測されており、重要文化財にも指定されています。
また、長谷寺の寺号が確認できる最も古い資料として残されている梵鐘は1264年のものだとされており、こちらも重要文化財になっています。

観音ミュージアムのオリジナルグッズも販売されていますので、お土産として購入することもできます。
ユナイテッドアローズとコラボした珍しいTシャツも販売されており、現代風にアレンジされた商品として人気を集めています。

お腹が空いた時のお食事処

長谷寺の境内には海光庵というお食事処が存在しています。
観音様を拝観してからお食事を楽しむ方が多く、ゆったりとした空間の中で時間を過ごせます。
由比ヶ浜の光景を一望することもでき、清々しい気持ちでお腹を満たすことができます。