大迫力のイルカショー「新江ノ島水族館」

「えのすい」で親しまれている新江ノ島水族館

新江ノ島水族館とは、「わくわくドキドキ大冒険水族館」がコンセプトになっている水族館のことです。

一般的な水族館というと、「動物を見ることができる、触れ合うことができる」という水族館が多いです。
ですが、新江ノ島水族館では前述の楽しみ方以外にも、「動物のショーを見ることができる、わくわくできる施設が多い」という特徴があります。

というのも、新江ノ島水族館には「591種類2万7613匹もの海の動物たちがいる」からです。
ちょっとだけ水族館で楽しい時間を過ごす・・・程度では、新江ノ島水族館を冒険したことにはなりません。
また、これだけでも素晴らしいのですが、新江ノ島水族館は、「季節によってイベントが変化する、水族館の見た目も変化する」という特徴がありますので、他の水族館より充実度が高いところも評価されています。
うっとりとするようなイルカショーを堪能できるだけでなく、話題の動物たちを見ることも可能となっていますので、海の動物たちが好き・・・という人達には堪らない水族館でしょう。

また、新江ノ島水族館は「えのすい」という愛称も存在します。
新江ノ島水族館は、「2004年を機に新しく生まれ変わった水族館」でもあるので、湘南の地で多くの海の生物を飼育、多くの方に見てもらうための施設を用意しているのです。

イルカショーの楽しみ方

新江ノ島水族館のイルカショーというと、Dolferiaというド迫力のイルカショーが有名です。

また、イルカショーは「1日に2回(11時、14時30分)に開催している」ので、午前中に新江ノ島水族館へ行くのは難しい・・・という人でも、気楽に午後からイルカショーを楽しめるようになっています。
ただ、新江ノ島水族館のイルカショーの人気は高いので、土・日・祝日では「人混みが懸念される」こともあるので注意してください。
好きな席に素早く座りたい、もしくは大人数で利用する予定のある方は、新江ノ島水族館に行く前に、新江ノ島水族館のインフォメーションを公式サイトで確認したほうが良いかも知れません。

インフォメーションを確認しておくと、イルカショーの見どころだけでなく、オススメの座席として人気になっている座席の案内を受けられます。
新江ノ島水族館のイルカショーでは、三頭のイルカがダイナミックにジャンプするシーン、大きな水しぶきをあげてくれるシーンがあるので、大迫力なのは間違いないでしょう。
また、他では見られないような愛らしくイルカが泳ぐシーンもあるので、イルカを間近で見られる座席、イルカショーをしっかりと眺め下ろせる座席については、区別をして利用されたほうが良いです。