カップルにお勧め!江の島のロマンコース

ロマンコースの中には恋人の丘も含まれる

江の島では、恋人たちの間でロマンコースが有名です。

なぜ今ではロマンコースのようなものがあるのか、また知っている人が増えてきたのか・・・というと、それは他のロマンコース(エリア)と比較して、江の島には特徴的なスポットが数多く存在するからです。
しかも、ロマンコースは友人と楽しめるコース、家族と楽しめるコース、カップルと楽しめるコース・・・があるので、人によって変化するロマンを追求することができるのです。
近年では、カップル専用のロマンコースも有名になってきましたので、今回は有名なロマンコースを1つずつ案内させていただきます。

江の島のロマンコースその1ですが、「恋人の丘」というコースが有名です。
相模湾を眺めることができる高台があるので、夜景スポットとしても有名なロマンコースです。

また、「天女と五頭龍」のようなカップルであれば知っておきたい話も有名です。
天女と五頭龍とは、その昔の話なのですが、海に住む邪悪な龍(五頭の龍)が島に現れ、天女に恋をするという物語です。
まさにロマンを感じるような物語なのですが、島の伝説として今も語り継がれている有名な話なのです。
そして、なにより恋人の丘には「恋愛に良いとされる鐘」が存在します。
この鐘を鳴らしたカップルは決して別れないとされているため、今では恋愛の成就、長い付き合いを意識して鐘を鳴らしに来るカップルもいるのです。

江の島のロマンコースその2は、「稚児ヶ淵」です。
稚児ヶ淵は江の島のロマンコースとして知られているだけでなく、「磯釣りポイント」としても有名なエリアです。
また、岩の割れ目からエビなどの泳いでいる姿を見ることもできるため、水棲動物の動きを観察したい人も用いるエリアとして知られています。
ただ、このように自然を満喫できるロマンコースなのですが、稚児ヶ淵を利用する際には注意点もあります。
それは、「滑りやすい」ことです。
もし、稚児ヶ淵を長く利用される際は、滑り止めの付いた靴(磯で用いることができる長靴など)を履いて移動したほうが良いでしょう。

意外と利用者の多いロマンコース

江の島のロマンコースその3ですが、今では「江の島岩屋」の利用者も多くなってきました。

以前は、洞窟内で落石などの問題が発生していたため、通行止めになっていたのですが、再整備後(平成5年以降)から再オープンとなったため、江の島岩屋の利用者が増えてきたのです。
また、江の島岩屋の良いところは「家族で楽しめる」ところです。
もしくは、探検好きの友だちと一緒に、ロウソクを持って洞窟を探検してみるのも良いでしょう。

比較的明るいエリアとなっているので、迷ってしまう心配はほとんどありませんし、なにより家族、カップルの利用が目立つので、どのようにして移動を行えば良いのかがわかりやすいです。
探検をしたことがない人であっても、楽しい時間を過ごせるのが江の島岩屋の魅力です。