湘南海岸公園「サーフビレッジ周辺エリア」について

1年を通じて賑わっている

湘南海岸公園のサーフビレッジ周辺エリアは、「イベントが多いエリア」でもあるので、1年を通じて賑わっているエリアとしても有名です。

まず、湘南海岸公園のサーフビレッジ周辺エリアは、「サーファーの利用者が多い」ことで有名です。
というのも、サーフビレッジ前の海岸ではサーファーがサーフィンを楽しむ、もしくは、ビーチバレーを楽しめるとして人気が上がっているからです。
サーフィンというと、冬のような寒い時期には利用者が少なくなる・・・と思われがちですが、近年では、防寒対策がされているサーフィン用品が存在するので、年中でサーフィンを楽しんでいるサーファーもいる状況です。

それだけでなく、湘南海岸公園のサーフビレッジ周辺エリアでは「イベントの開催も多い」という特徴があります。
そのため、イベントだけを意識して利用した場合も、サーフビレッジ周辺でなにかしらのイベントに参加できるようになっているのです。
このようなイベントは、若者を中心としたイベントと思われることもありますが、近年では、家族でも楽しめるようなイベントが増えてきているため、家族連れの利用客も多くなってきました。

他にも、湘南海岸公園のサーフビレッジ周辺エリアには、「聶耳(ニエアル)記念碑」があります。
聶耳記念碑とは、1935年にニエアル氏がフランスに亡命する前に、日本に立ち寄った際、当地に来遊されたが、遊泳中にお亡くなりになってしまったことを悼んで、建てられることになった記念碑です。
このように、湘南海岸公園のサーフビレッジ周辺エリアでは、遊びとして用いることができるスポットだけでなく、湘南の歴史にも触れることができるようになっています。

また、聶耳記念碑以外では「平和の像」も有名です。
平和の像は、「戦争の悲惨さを謳っている像」として親しまれているのですが、「このような不幸を二度と繰り返さない」という意思も込められている像です。
平和の像は、「昭和40年に建造された像」なのですが、当初の位置より今では百数十メートル移動したという記録も存在します。

独特な楽しみ方も可能になっている

湘南海岸公園のサーフビレッジ周辺エリアですが、「ちびっこ広場」のように、子ども向けのスポットも存在するという特徴があります。

ちびっこ広場は、「大きな遊具が設置されている」ことで有名なため、他では体験できないような遊びも、ちびっこ広場であれば可能となっているのです。
しかも、「足元に砂」が敷かれているため、尻餅をつくようなことがあっても、安全に遊べるという魅力もあります。
ただ、人気の遊具が定まっているので、時間帯によっては中々遊べないということもありますので、事前に人気の遊具を知っておいたほうが良いかも知れません。